Scroll to next

米安加奈さん

  • 留学先教育機関:International House Sydney
  • 留学時期:2015年08月~2016年06月(10ヶ月)
  • 現在のご職業・勤務先:エミレーツ航空 客室乗務員
  • 利用された留学エージェント/プログラム:日本ワーキングホリデー協会 福岡オフィス
 kana yoneyasu1  
現在どのようなお仕事をされていますか?

国際線の客室乗務員として、世界6大陸を飛びながらクローバルな環境で接客や保安のお仕事をしています。

留学を決めた理由・目的は?

幼い頃から客室乗務員になることが夢で、英語が必須であるとわかっていながらも大の苦手でした。留学に行けば英語が少しでも出来るようになると期待をもち、留学を決意。また海外映画が好きで、海外生活に憧れもありました。

オーストラリアを選んだ理由は?

英語を本気で習得したかったので、長く学べる学生ビザを希望。加えてオーストラリアはアルバイトができるので、色々な国籍の方と英語で就労経験ができるところに魅力を感じたため。

教育機関を選んだ理由は?

まず英語が全くできなかったので、基礎から応用までさまざまなコースのある機関、また留学を形に残したかったので資格を取れる学習内容を提供していたIH sydneyにしました。

留学で学んだことをお聞かせください。

英語はネイティブだけでなく、多くの人々が学んで話している言語なので、今までは完璧に発音して文法も間違えなく話さなければと思っていたが、お互い意思疎通をして伝わることがまず一番大切だと知りました。また、宗教も信仰も文化もバックグラウンドも違う方々と出会い、「当たり前」なんて言葉は全く通用しないので、もっと自由に自分のやりたいことを人生ではやっていくべきだと感じました。そして英語ができるだけで、世界がとても広がりました。

kana yoneyasu2

留学経験が現在のお仕事にどう活きていると感じますか?

現在140カ国以上の同僚やお客様と接しながらお仕事をしているので、特にオーストラリアのカフェでのアルバイトが非常に役に立っています。言葉が通じないお客様や文化の違う同僚たちと、どうすればお互いが満足するサービスを提供できるか、試行錯誤しながら自分の当たり前を押し付けないよう、みな違うことを理解した上で行動するようになりました。

また、留学中にホームステイやシェアハウスでの生活を通して、文化の違いをたくさん知ることができたので、貴重な経験ができて感謝しています。

将来やりたい事に留学経験はどう活かすことができると思いますか?

むしろ留学経験がなければ、今の仕事はできていないと思います。留学を通して、積極的に行動することや、自分の人生を自分で創っていかなければならないことを学びました。日本のように敷かれたレールなんてものはなく、自分次第で良くも悪くも毎日や将来が決まっていきます。

やりたいことを成し遂げるためには、受け身ではなく自分で道を切り開いて努力するしかないと思います。英語ができずに苦しみながら努力し、英語を習得したからこそ、留学で葛藤した日々があるからこそ、今ではグローバルな環境においても、自分次第でやりたいことはできると思えるようになりました。

留学を考えている方へアドバイスをお願いします。

留学は言語習得はもちろんですが、世界の広さや日本の狭さ、価値観や常識なんかに縛られず、自由に生きていいのだと人生を変えてくれたきっかけとなりました。語学だけではなく、海外で働いたり、住むことはとても貴重な体験だと思います。興味があるなら、留学を一度でいいのでぜひ経験してほしいです。

 

「卒業生のストーリー」メニューに戻る

Rate this page

  • Rate as Helpful2 Helpful votes
  • Rate as Not helpful0 Not helpful votes