学生ビザ(サブクラス500)

学生ビザ(サブクラス500)の就学形態、就労時間の制限、申請料などについてご紹介します。

メインコンテンツ


このビザでできること

local_library
学習

オーストラリアの教育機関が提供するコースを受講することができます。

group_add
家族とのビザ申請

あなたのパートナーと子供、またはパートナーの子供を含めてビザを申請することができます。

house
滞在

コース期間中(最長5年間)オーストラリアに滞在し、オーストラリア内外を移動できます。

work
就労

授業のある期間は、2週間で48時間まで就労可能です。修士課程(リサーチ)や博士課程に在籍している場合、就労時間の制限はありません。

対象となる就学形態

学生(サブクラス500)ビザでは、次の就学形態での留学が可能です。

学生ビザを申請するには、オーストラリアの教育または訓練機関のコースへの入学が決まり、入学許可証(CoE)が発行された後でなければなりません。コースへの出願についての詳細は、出願方法のページをご覧ください。

学生ビザの就労制限

2023年7月1日より、学期中に許可される労働時間は、2週間あたり48時間に制限されています。このビザ条件に従わない場合、学生ビザが取り消される場合があります。 

修士号のリサーチコースや博士課程をすでに開始している場合は、就労時間に制限はありません。 

2023年5月9日時点ですでに高齢者介護業界で働いている学生は、2023年12月31日まで、高齢者介護業界での就労時間は無制限となります。 

ビザ資格確認オンラインシステム(VEVO)で、該当する労働条件を確認してください。   

留学生はオーストラリアの労働法によって保護されています。詳細はオーストラリアで働くのページをご覧ください。

申請料および手続きに要する時間 

オーストラリアでは、免除されていない限り、学生ビザ申請料は1件につき650豪ドルから*です。オーストラリアの学生ビザの手続きに要する時間は人によって異なります。ビザ手続きに要する時間は、オーストラリア内務省のウェブサイトで確認できます。手続きに要する時間を短くする方法についてのヒントも記載されています。

*価格は2023年7月時点のものです。 

学生ビザの条件 

学生ビザには、以下のような重要な条件があります。

  • オーストラリア到着後7日以内に、教育機関または訓練機関に居住地の住所を通知する
  • コース受講に必要な条件を遵守し、在籍を維持し、必要な出席数を満たしてコースの進行についていくこと。病気や出席に影響する可能性のある問題がある場合は、教育機関に伝える
  • 留学中、ビザが規定している就労時間制限を守る
  • オーストラリアでの滞在期間中、ビザ保有者のために適切な健康保険に加入しておくこと
  • ビザが規定するオーストラリアでの滞在期間を超えないこと 

ビザのステータスと条件一覧は、オーストラリア内務省ビザ資格確認オンラインシステム(VEVO)でいつでも確認できます。

学生ビザ(サブクラス500)でのコースパッケージ 

1つのコースから次のコースへの進級が明確な場合、複数のコースを受講するための学生ビザ(サブクラス500)を申請することができます。これはコースパッケージと呼ばれます。 

受講予定のコースごとに、入学許可書(CoE)が必要です。パッケージの一環として受講する最後のコースが、あなたの主たる(メインとなる)コースとなります。

ビザの申請にあたり、オーストラリア内務省は、申請者の主たる(メインとなる)コースをもとに、どのような財政状況や英語力の証明を提出する必要があるかを検討します。

ビザ申請にコースパッケージが含まれている場合、コースとコースの間の期間は2か月未満でなければなりません。この期間は、最初のコースがオーストラリアの学事暦の終わり(11月)に終了し、次のコースが次の学事暦開始時期(2月)に始まる場合、2か月より長く(3か月から4か月)なっても構いません。 

コースパッケージには、標準的なビザ審査期間が適用されます。最も人気のあるパスウェイ(またはコースパッケージ)についての詳細は、パスウェイのページをご覧ください。

よくある質問(FAQ)

Visa Entitlement Verification Online System(VEVO)で、ビザ保有者がビザの条件を確認することができます。

質問がある場合は、オーストラリア内務省にお問い合わせください

ビザを申請した後は、オーストラリア内務省の決定はいつでも可能となります。申請が不完全な場合は、却下される場合があります。したがって、これらのテストを期限内に完了できない場合は、実行した事項の証拠をImmiAccountで添付してください。詳細については、オーストラリア内務省のウェブサイトをご覧ください

学生ビザの申請はいつでもできます。ただし、コース開始8週間前までに完全な形での申請を行うことが推奨されます。

すでに学生ビザをお持ちの場合は、教育機関がオーストラリア内務省に新しい入学許可書(CoE)を提出します。ただし、学生ビザの申請がまだオーストラリア内務省によって審査されている場合は、できるだけ早くImmiAccountを通じて新しい入学許可書(CoE)を添付する必要があります。

 

新しい入学許可証(CoE)がより低いAQFレベルのコースで学ぶためのものである場合、新たに学生ビザの申請が必要になることがあります。コースレベルはオーストラリア教育資格フレームワークにより設定されています。